スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No2 ブリージング体験談 <他の人との関係で委縮してしまう>

10代・女性(大学生)☆さんのブリージング体験談です。

アルバイト先での出来事です。
☆ さんがバイトを始めてひと月ぐらい、まだ慣れていない時に正社員が新規に配属されてきました。
正社員とはいえ経験も浅く、20代前半、慣れない立場にイライラしていたのでしょう。
新人の☆さんに感情的にあたったり、忙しい時間に無視して他の仕事をしていたりしていたそうです。
何度かバイト先まで行くのですが制服に着替えても現場へ行くことができなかったとのことでした。結局、気に入ったいたバイト先でしたが辞めてしまいました。

☆さんは正社員に怒鳴られてすっかり委縮してしまいました。
決して内気なタイプでもないのですが、怒鳴られると怯えてしまい、行動ができなくなってしまう。

ブリージングの結果でわかったことは、幼稚園のころの祖父母の家での出来事でした。
そのとき、☆さんの両親は二人揃って出かけています。
家には☆さんとおばさんの二人です。おばさんと☆さんは受験勉強をしています。
☆さんが答えられないとおばさんは「できないなんてダメな子!」「どうしてできないの!!」などと大きな声で怒鳴っていたようです。
☆さんは泣き出してしまいました。家には二人だけ、誰も助けてくれません。

ブリージングでその場面の記憶を思い出して、怖かったおばさんへの感情を解放しました。
わずか5歳の子供には大人へ対して「やめて!」「言いすぎだ!」などと立ち向かうことはできないのです。今だからその時の気持ちをはきだすことができるのです。
お父さんやお母さんに対しても自分を一人残して出かけてしまったことを訴えていました。

感情が解放されると冷静になります。

おばさんもイライラしていたのかもしれない、、。
私はダメな子ではない。
おばさんには悪気はないので許すことができるようになります。

このブリージングはおばさんを許すことが目的ではありません。
(この場合、おばさんとの人間関係に問題を解消したいわけではないので)
怒鳴られると委縮して行動ができなくなることを解消することが目的です。

なぜ、委縮するのか、
「自分はダメな人間なんだ。」「自分が悪いんだ。」などと思う。怖かった様子が再現されてしまう。

原因が明確になったことで今後は今までのように委縮し行動できなくなるというようなことは軽減されることでしょう。
またお目にかかった時に、その後の経過をうかがうことにいたします。

担当者:ATAKA

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

プロフィール

breathing2008

Author:breathing2008
ジャパンジャパンブリージング協会HPへ

ブリージングへのご質問・ご感想など下記メールにお送り下さい。
info@japan-breathingassociation.com
掲載につきましては管理者にお任せください。

○最新セミナー開催予定○

心の法則 Part1セミナー

2011年後プラクティショナー養成
申し込み受け付け中

ブリージンググループセミナー3日間+3時間
開催地 東京都内
参加希望の方は直接お問い合わせください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。