スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No20 ブリージング体験談 <失恋が作っていた私の人生>

40代男性(経営者)☆さんのブリージング体験です。
ブリージング後にご本人からメールをいただきましたのでご紹介いたします。
個人名やプライバシーにかかわる内容につきましては伏せて掲載させていただきました。


ブリージングを始め呼吸をしていくと次の記憶が思い出された。
中学3年生の時に同じクラスの○○ちゃんにふられた記憶だった。

幼稚園からの同級生で普段から冗談を言い合い仲良しだった。
ある日、隣のクラスの男子と付き合い始めたと聞いて慌ててラブレターを書いた。自信はあったが直接言えなかったので手紙で告白した。
2日後返事をもらった。
内容は「私には☆☆君はいい人すぎるので付き合えません。ごめんなさい。」
自信があっただけにすっかり落ち込んだ。
本当に自分は価値がないと思った。本当に自分はだめだと思った。
その時から一切、○○ちゃんと目を合わせることも話すこともできなくなってしまった。
毎日がとたんに辛くなってきた。
死にたくなったが今は“価値が低いまま”だからそれも嫌だった。
同じ高校に進学したが、やはり彼女に廊下で会っても声は掛けられなかった。
すっかり自分の存在価値を見失ってしまったのだ。

なんとか自分の価値を証明したかった。認めさせたかった。
プロスポーツ選手になって○○ちゃんやみんなに認めさせようと思った。
大学でスポーツに打ち込み必死に練習した。

20歳を過ぎた頃から同じ夢を頻繁に見るようになった。
○○ちゃんと駅前で偶然出会ってお茶を飲むことになり喫茶店に入る。
「☆☆君、素敵になったね」と言われ、彼女の相談に乗っているという同じ夢を3ヶ月に1度は見ていた。
私はその後結婚したがその夢はお構いなしに現れた。
夢の中で「これは前に見た夢と同じだから現実じゃない!」と思い、頬を何回もつねる、すると本当に痛いので「今度こそ本当だ!」「やった~!!」と喜ぶ。が、
目が覚めて夢だとわかり落ち込む・・の繰り返し。 とても惨めな気分になった。

22年ぶりに同窓会があり○○ちゃんと再会。
「☆☆君、素敵になったね!」と言われ夢が現実になった。
早速電話番号を交換した。翌日なんと彼女から電話があり舞い上がった。
「やった~!!神様ありがとうございます。」大喜びした。
天に承認されていると感じあまりにもうれしくて何度も夢ではないかと疑った。

その後1週間ほどメールでのやりとりが続いたがあまりにも私のテンションが高かったのだろう、「そろそろメールお休みにしない?」と言われメールのやり取りは終了。
その後、同じ夢は全く現れなくなる。

妻の名前も同じ○○。 これは偶然だろうか??
これまでの自分は人生もスポーツも仕事もすべてが○○ちゃんに承認されたくてがんばってきたような気がする。

ブリージングをして初恋の○○ちゃんにふられた時の絶望感と悲しみを解放した。
ふられたあの時に深く胸の奥底に抑え込んでしまっていたらしい。
そのブリージングを体験したことで今までの自分の人生の縮図が見えたようだった。

今では○○ちゃんや他のだれかに承認を求め頑張らなくても自分には充分な存在価値があるものと自分自身で認めることができる。
もう他者に求める必要はなくなった。初恋も完了した感じだ。
そして、失恋の日から今日まで頑張ってつくりあげてきたさまざまな人生上の成果を輝かしく誇らしく思う自分がいる。

○○ちゃんとの出会い、ブリージングに心から感謝する。 ありがとうございます。

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

プロフィール

breathing2008

Author:breathing2008
ジャパンジャパンブリージング協会HPへ

ブリージングへのご質問・ご感想など下記メールにお送り下さい。
info@japan-breathingassociation.com
掲載につきましては管理者にお任せください。

○最新セミナー開催予定○

心の法則 Part1セミナー

2011年後プラクティショナー養成
申し込み受け付け中

ブリージンググループセミナー3日間+3時間
開催地 東京都内
参加希望の方は直接お問い合わせください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。